06:16 2019年03月22日
聖マリア・マグダレン教会

イタリアの教会から盗まれたピーテル・ブリューゲル(子)の絵画は複製だった

CC BY-SA 3.0 / Davide Papalini / Castelnuovo Magra-chiesa maddalena-interni
災害・事故・事件
短縮 URL
110

イタリア北西部リグーリア州カステルヌオーヴォ・マグラの教会から盗まれたピーテル・ブリューゲル(子)のキリストの磔刑の絵画は、オリジナルではなく複製だった。

スプートニク日本

13日、現地メディアはカステルヌオーヴォ・マグラの聖マリア・マグダレン教会が強盗に入られたと報じた。13日午前、数人のグループがバットのようなもので保護ガラスを割って絵画を盗み、自動車で逃走した。

だが強盗の計画が企てられていることがわかり、オリジナル作品は1カ月前に複製と交換されていた。

ピーテル・ブリューゲル(子)のキリストの磔刑の絵画
CC BY-SA 4.0 / Pieter Brueghel the Younger / Crocifissione (cropped photo)
ピーテル・ブリューゲル(子)のキリストの磔刑の絵画

違法な古美術品ディーラーの関心の対象となったピーテル・ブリューゲル(子)のキリストの磔刑の絵画は、現在、安全な場所に保管されているという。

オリジナルと複製の交換に関する詳細は、イタリアの国家憲兵のほかに教会の主任司祭とカステルヌオーヴォ・マグラの首長が知っており、首長は絵画が盗まれた後、事件が起こったことに遺憾の意を表した。

教会の内部にはビデオカメラが設置されており、犯行は最初から捉えられていた。

現在、犯人の捜索が行われている。

タグ
びっくり, 事件
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント