10:33 2020年06月04日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0
でフォローする

15日、クリル諸島北部のパラムシル島にあるエベコ火山が上空2500メートルまで噴煙柱を上げた。ロシア科学アカデミー極東支部 火山地震研究所カムチャッカ火山噴火対応グループ (KVERT)が発表した。

スプートニク日本

火山灰プルームは火山の北東に最大5キロの範囲に流れた。

セベロクリリスクの北西7キロに位置するエベコ山が最も高く噴煙柱を噴出したのは今年8月31日。当時、2017年に形成された新しい噴火口から上空6キロまで噴出した。

火山関連ニュースはこちら

タグ
火山, クリル諸島