22:24 2019年07月19日

豪州、ニュージーランドの両首相 NZモスク襲撃をテロ事件と断定

© AP Photo / Mark Baker
災害・事故・事件
短縮 URL
NZモスク銃乱射事件 (11)
01

オーストラリアのスコット・モリソン首相はニュージーランドのモスクで起きた銃乱射を「テロ事件」と断定した。

スプートニク日本

 モリソン首相はツィッターで「この残忍で急進主義的極右的なテロ襲撃を糾弾する。この結果、こんなにも多くの無実のニュージーランド市民が死亡した」と書いている。

ニュージーランドの「ラジオ・ニュージーランド」局の報道によれば、ニュージーランドのアーダーン首相も同様に事件を「テロ」と断定した。
アーダーン首相は記者会見で「これはテロ以外の何物でもない」と述べている。

15日、クライストチャーチ市内の少なくとも2か所のモスクで銃の乱射事件が発生した。これによって40人が死亡。カンタベリー地区保健課の発表では、少なくとも48人が負傷し、市内の複数病院に搬送されている。現時点で、事件の容疑者として4人が逮捕されている。

トピック
NZモスク銃乱射事件 (11)
タグ
テロ事件, 事件, ニュージーランド