01:02 2020年09月27日
災害・事故・事件
短縮 URL
NZモスク銃乱射事件 (12)
0 20
でフォローする

ニュージーランドのクライストチャーチのモスク2カ所で起きた銃乱射事件で、殺人罪で訴追されたブレントン・タラント容疑者は、裁判で弁護人をつけずに自ら弁護する意向。ニュージーランド・ヘラルド紙が報じた。

スプートニク日本

タラント容疑者の指定弁護人を務めていたリチャード・ピーターズ氏は、もうタラント容疑者の弁護人ではないことを確認した。

ニュージーランド・ヘラルド紙は、このようなかたちで容疑者は裁判を「自分の信念のためのプラットフォーム」に変えることができると報じている。

ニュージーランド警察のマイク・ブッシュ長官は18日の記者会見で、警察はクライストチャーチで起こった銃撃事件が単独犯行であると考えていることを確認した。

ブッシュ長官は「我々が攻撃者は1人しかいなかったと考えていることを確信をもって述べたい。だがこれは他にサポートした人物がいなかったことを意味しているのではなく、これは我々の捜査の非常に重要な一部であり続けている」と述べた。

NZモスク銃乱射事件
NZモスク銃乱射事件
トピック
NZモスク銃乱射事件 (12)
タグ
テロ事件, 事件, テロ, ニュージーランド
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント