16:57 2019年06月27日
マイケル・ジャクソン

マイケル・ジャクソンの仏ファン 小児性愛の告発者を提訴

© Sputnik / Dmitry Korobeinikov
災害・事故・事件
短縮 URL
71

マイケル・ジャクソンの仏ファンたちが、ドキュメンタリー映画『リビング・ネバーランド』の出演者を告訴した。出演者であるウェイド・ロブソン氏とジェイムズ・セーフチャック氏は、マイケル氏からセクハラを受けていたことを告白していた。

スプートニク日本

マイケル・ジャクソン氏の3つのファンクラブ「MJストリート」 と「マイケル・ジャクソンコミュニティ」、そして「オン・ザ・ ライン」は、ウェイド・ロブソン氏とジェイムズ・セーフチャック 氏の主張がジャクソン氏の名声を汚し、 創作者たちが推定無罪の原則を無視していると述べた。 彼らはまた、映画には根拠のない告発があったと指摘した。

仏ニュースチャンネル「フランス24」は、 裁判は7月4日に行われると報じた。ファンクラブは、 サーフチャック氏とロブソン氏が象徴的に1ユーロを支払うことを 要求している。その意味は、 両氏がマイケル氏のファンに与えた苦痛に対するもの。また同様に 、弁護士費用も請求している。

ドキュメンタリー映画『リビング・ネバーランド』でウェイド・ ロブソン氏とジェイムズ・セーフチャック氏は、 それぞれ7歳と11歳の頃にジャクソン氏から性的虐待を受けたと 主張している。

1993年、ジャクソンさんが自宅「ネバーランド」 で13歳の少年に対して性的虐待を行ったという疑惑が起きた。

関連ニュース