19:34 2020年07月05日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

カムチャツカにあるシベルチ火山が25日、海抜5000メートルの高さまで噴煙を噴き上げた。カムチャツカ火山噴火対応グループ( KVERT)が伝えた。

スプートニク日本

KVERTは「現地時間25日昼、シベルチ火山で火山灰の噴出が確認された。ビデオや衛星データによると、噴煙は海抜5000メートルの高さまで噴き上がった。火山灰は火山から南東の方向に広がった」と発表した。

ロシア非常事態省カムチャツカ地方支部によると、カムチャツカ地方の居住地区での降灰は確認されていない。

タグ
ロシア, 火山
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント