03:23 2019年05月27日
パリのノートルダム大聖堂で大きな火災

ノートルダム 空からの消火はなぜ無理 ル・モンド紙が解明

© Sputnik / Dominic Buten
災害・事故・事件
短縮 URL
パリのノートルダム大聖堂で大きな火災 (17)
0 01

仏ル・モンド紙の記者は、現場は川沿いも大聖堂に通じる通りも群衆にあふれ、濃い煙の中で緊急サービスのサイレンが止みやらず、黙示録的様相を呈していると書いている。その一方で対象的に、付近のバーにはツーリストが腰かけ、ビールを片手にノートルダムの崩壊の模様を落ち着いて見守る姿が見られている。

スプートニク日本

空中からの消火作業が進まない理由について、ル・モンド紙はノートルダム大聖堂の焼失を免れた部分が崩壊する恐れがあるうえ、そのそばにいる市民に被害が及ぶ危険性を指摘している。

仏内務省の発表によれば、消火作業には400人を超す消防員が携わっており、現時点では被災者は出ていない。

ノートルダム大聖堂
© Sputnik /
ノートルダム大聖堂

仏パリの主要な観光名所の一つ、 ノートルダム大聖堂で火災が発生した。仏内務省の発表では、 幸いにも犠牲者は出ていない模様だが、火災の原因は現段階では不 明。ノートルダム大聖堂は尖塔が崩壊し、屋根は完全に崩落した。 ノートルダム大聖堂では数か月前から修復作業が行われており、 建物の周りには足場が設置されていた。

© Sputnik / Victoria Ivanova
パリのノートルダム大聖堂で大きな火災

ノートルダム大聖堂はパリの最も有名な観光名所の一つで、 12世紀半ばから14世紀半ばまで、 およそ200年かけて建設された。 主要なカトリック教会の一つでもある。

トピック
パリのノートルダム大聖堂で大きな火災 (17)
タグ
事件, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント