19:36 2019年05月25日
パリのノートルダム大聖堂で大きな火災

ノートルダム「これでは何も残らない」 鎮火の気配もなし 【動画】

© Sputnik / Julien Mattia
災害・事故・事件
短縮 URL
パリのノートルダム大聖堂で大きな火災 (17)
125

ノートルダム大聖堂のアンドレ・フィノ代表はフィガロ紙からの取材に、何世紀もの歴史を刻んだ建造物が完全焼失する恐れが高いことを明らかにした。「すべてが火に包まれている状態。これで何かが燃え残るということはないだろう。」フィノ代表は、火災で13世紀と19世紀に組まれた梁、桁のフレームが損なわれたと語っている。

スプートニク日本

フィリップ仏首相は、消防隊がノートルダム大聖堂のできる限り大部分を救おうと必死の消火活動を行っていることを明らかにしている。

フィリップ首相は自身のツィッターに「今晩、消防隊は救えるものは救い出そうと英雄的な闘いを展開している」と書いている。

仏パリの主要な観光名所の一つ、 ノートルダム大聖堂で火災が発生した。仏内務省の発表では、 幸いにも犠牲者は出ていない模様だが、火災の原因は現段階では不 明。ノートルダム大聖堂は尖塔が崩壊し、屋根は完全に崩落した。 ノートルダム大聖堂では数か月前から修復作業が行われており、 建物の周りには足場が設置されていた。

ノートルダム大聖堂はパリの最も有名な観光名所の一つで、 12世紀半ばから14世紀半ばまで、 およそ200年かけて建設された。 主要なカトリック教会の一つでもある。

関連ニュース

トピック
パリのノートルダム大聖堂で大きな火災 (17)
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント