12:14 2019年10月19日
燃え上がるノートルダム大聖堂

仏の保険会社、ノートルダム修復に1000万ユーロ寄付

© AP Photo / Diana Ayanna
災害・事故・事件
短縮 URL
103
でフォローする

パリに本社を構える世界的な保険・金融グループのアクサはノートルダム大聖堂の修復に1000万ユーロを寄付する。アクサの広報部が発表した。

スプートニク日本

アクサはフランスの文化財保護に貢献してきた企業として現地では知られている。今回の悲報に際してアクサは、マクロン大統領が呼びかけた大聖堂修復キャンペーンに賛同し、1000万ユーロの寄付を行うことを決めた。また、フィナンシャル・タイムズの報道によると、これまでアクサはノートルダム大聖堂の修復を行ってきた企業に対し賠償責任保険のサービスを提供してきたとされている。なお、ノートルダム大聖堂内の美術品などもアクサのグループ会社による保証対象に含まれているという。

火災発生から1日で、ノートルダム大聖堂の修復に寄せられた寄付はすでに7億ユーロを超える。

関連ニュース

タグ
パリ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント