03:10 2019年07月22日

カムチャッカ半島シヴェルチ火山、4千メートルの噴煙柱

© 写真: Roscosmos/Fyodor Yurchikhin
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0

21日、カムチャッカ半島のシヴェルチ火山はで海抜4千メートルもの噴煙柱を噴き上げた。ロシア非常事態省カムチャッカ支部が発表した。

スプートニク日本

非常事態省の発表では噴煙柱が発生したのは21日昼。噴煙柱の高さが海抜4000メートルに達している。風向きからすると火山灰は東の方角に70キロにわたって拡散しているものの、この方角のこの範囲には居住区はない。

シヴェルチ火山の航空危険コードは最高から1段階低い「オレンジ」に表示された。

関連ニュース

地球史上最大の災害の真の原因が明らかに

阿蘇山、地震の予兆?

タグ
火山
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント