12:07 2020年01月29日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 31
でフォローする

米連邦検察当局は18日、米アイオワ州で実施されているバスケットボールのユースプログラムの元コーチで、複数の選手に対する性的搾取の罪に問われたグレッグ・スティーブン被告(43)について、言い渡しが可能な刑期としては最大限となる拘禁180年を裁判所に求刑した。AP通信が伝えた。

スプートニク日本

検察側は、スティーブン被告が1999~2018年の間、400人を超えるユース選手に対して不適切な行為を試みていたとしている。マーク・クリックバウム連邦検事によると、被告は標的とする選手を選び出す際、最も有望なバスケットボール選手らを選抜するプログラム「アイオワ・バーンストーマーズ」の主催者としての自らの地位を利用していたという。

スティーブン被告は既に昨年、複数の未成年者に対する性的搾取の罪のほか、わいせつ文書所持の罪を認めている。AP通信によると、被告は隠しカメラを用いてユース選手らを追跡していたという。被告の自宅が捜索された際には、動画が記録された電子ファイル440件が捜査関係者らによって発見されている。

判決は5月2日に言い渡される予定。

関連ニュース

タグ
スキャンダル, 米国, 怖い, びっくり, 事件
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント