07:27 2019年12月14日
イルカ(アーカイブ写真)

仏海岸で数100頭のイルカの死骸が打ち上げられる

© CC0 / Pixabay
災害・事故・事件
短縮 URL
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (181)
0 12
でフォローする

仏海洋調査機関「ペラジ観測所(Pelagis observatory)」は、仏海岸に過去最多のイルカの死骸が打ち上げられたと発表した。Phys.orgが報じた。

スプートニク日本

死骸の4分の1は岸に到達しなかったと見られており、実際の死骸の数は確認された4倍にのぼると見られる。 

ペラジ観測所の環境学者、オリビエ・バンキャネット氏は「イルカの死骸のおよそ85%に、漁網に偶然かかった傷跡があった」と述べる。

近年、クジラやイルカなどのクジラ目が世界各国の岸に打ち上げられ、漁網にかかるケースが増加している。

​研究者は、この現象の原因が2つあると見ている。人との漁場争いの激化と、地球温暖化による海流の変化だ。

関連ニュース

ニュージーランドで、イルカ140頭以上が打ち上げられる【動画】

トピック
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (181)
タグ
環境, 動物
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント