05:48 2019年12月14日

墜落した自衛隊のF35、フライトレコーダーの一部と見られる部品が見つかる

© CC BY-SA 2.0 / Dabt
災害・事故・事件
短縮 URL
0 31
でフォローする

日本の岩屋防衛相は7日、先月上旬に青森県沖で墜落した自衛隊のF35戦闘機について、フライトレコーダーの一部と見られる部品などが見つかったことを明らかにした。日本のマスコミが報じた。

スプートニク日本

NHKによると、岩屋氏は、青森県沖で自衛隊の艦船や海洋研究開発機構の深海調査船、また米軍のチャーター船が捜索活動を行った結果、現場付近の海底から操縦席の一部やフライトレコーダーの一部と見られる部品が発見されたことを明らかにした。

なお現在、「引き揚げたものが本当に墜落機体の一部かどうか確認作業」が行われているという。またフライトレコーダーには記録媒体が含まれておらず、パイロットや機体本体も見つかっていないという。

タグ
F-35
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント