00:29 2019年07月23日
猛毒を呼吸する生命体が太平洋で見つかる

猛毒を呼吸する生命体が太平洋で見つかる

© Sputnik / Andrey Shapran
災害・事故・事件
短縮 URL
0 70

米ワシントン大学の研究チームが、メキシコ沖の太平洋で人体には有害なヒ素を呼吸してエネルギーを得る海洋生命体を発見した。

スプートニク日本

この微生物は水深200から1000メートルの「無酸素環境」の水域に生息。過去の研究で窒素と硫黄により生存する海洋微生物は発見されていたが、窒素呼吸の海洋微生物の発見は初。チームは、地球で酸素が少なかった時期の生存戦略だろうと見ている。

DNA分析により、ヒ素ベースの分子を変換してエネルギーに変える2つの遺伝経路を発見。これは、酸素欠乏海域での生活を説明するほか、他の惑星の地球外生物を探す際にも役立つ可能性がある。

関連ニュース

タグ
科学研究, 研究, 太平洋
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント