11:00 2019年06月18日

闘牛用の牛が人込みへ突進 フランス【写真】

© AFP 2019 / Bertrand Langlois
災害・事故・事件
短縮 URL
0 01

仏南部で伝統行事の闘牛に使う牛が人込みに突進し、憲兵隊員2人を含む6人が負傷した。ラジオ「フランス・ブルー」が報じた。

スプートニク日本

事件が起きたのはガール県のコミューン、ヴェルジェズ。牛はトラックから降ろされ、追い込みに移される途中に突然暴れ、付近にいた群衆に突進した。

現地には闘牛に反対する抗議行動が行われていたために、憲兵隊が派遣されていた。牛が暴れだすと憲兵らは迅速にこれに対処し、発砲した。これにより憲兵隊員2人が負傷し、牛は殺された。負傷者らは全員、地元の病院に搬送されている。この事件によって闘牛行事は中止された。事件をうけ、過失傷害および武器使用についての2つの捜査が開始されている。

関連ニュース

ロシア人の「牛血キャンディー」愛に米記者が驚く

牛向けティンダー、英国でリリースへ

タグ
事件, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント