10:00 2019年09月19日

炎上ロシア機の乗員、手順違反していた

© Sputnik / Sergei Mamontov
災害・事故・事件
短縮 URL
0 04
でフォローする

今月5日にモスクワのシェレメチェボ空港で炎上した旅客機「スホイ・スーパージェット100」の乗員が、手順書に反して緊急着陸時にフラップを開放していなかったことがわかった。ロシア連邦航空局が報告書を発表した。

スプートニク日本

旅客機が着陸に入ったとき1.6トンの過重状態にあったが、速度違反はなかった。だが着陸時には最大5.85Gの過負荷だった。

調査関係者が17日に伝えるところ、航空会社アエロフロート社の機体炎上事件において、調査班に機体の動きに関する特別な訴えはなく、主な質問は乗員に対して残っている。

関連記事

タグ
飛行機, ロシア, 事故
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント