00:27 2020年02月21日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 13
でフォローする

旅客機に搭乗していた日本人男性がメキシコの空港で死亡した。胃や腸からはコカイン246袋が見つかった。メキシコ・ソノラ州の検事総長が発表した。

スプートニク日本

メキシコ発日本行の旅客機は、同州エルモシジョの空港に緊急着陸。空港で男性がけいれんし始め、到着した医療班は死亡を確認。後に司法解剖したところ、胃や腸から246袋のコカインが見つかった。袋のサイズはそれぞれ縦2センチ半、横1センチ。

関連ニュース

NY空港、逃げた猫を警察が1週間追跡

タグ
日本, メキシコ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント