04:06 2019年06月26日

トリポリの国際空港が爆撃

© 写真: Public Domain
災害・事故・事件
短縮 URL
0 14

リビア首都トリポリにあるミティガ国際空港が爆撃にさらされた。同空港がフェイスブックで発表した。

スプートニク日本

発表では「ミティガ国際空港の滑走路が爆撃にさらされた」としている。

現時点では、空港は定められた条件で機能している。

先に、「リビア国民軍」はトリポリ近郊にある空港への国民合意政府(統一政府)への攻撃を撃退したと発表していた。。

現在リビアでは二重権力状態が保たれている。東部トブルクには暫定議会が、西部の首都トリポリは国連の支援のもとで形成され、国際社会に承認されたシラージュ暫定首相率いる暫定政府が拠点としている。

暫定議会は暫定政府から独立して機能しており、ハリファ・ハフタル将軍が率いる民兵組織「リビア国民軍(LNA)」が権力を有している。

関連ニュース

リビア東部で爆発 18人負傷

タグ
リビア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント