09:54 2019年09月19日
13日、何者かによって攻撃を受けたタンカー

オマーン湾のタンカー攻撃 海運会社、魚雷攻撃を否定

© AP Photo / ISNA
災害・事故・事件
短縮 URL
0 10
でフォローする

イラン沖オマーン湾で海運会社「国華産業」が運航するタンカーが攻撃を受けた問題で、同社の堅田豊社長が14日に記者会見を行い、タンカーが魚雷で攻撃された可能性を否定した。共同通信が報じた。

スプートニク日本

堅田社長によると、タンカーは2回攻撃を受けた。社長は、2回目には乗組員が「飛来物を目視」したとし、魚雷による攻撃の可能性を否定した。共同通信が報じた。

なお攻撃を受けたタンカーについては、「状態は安定しており、沈没の可能性はない」という。

報道によると、タンカーは現在、アラブ首長国連邦に向かってえい航中で、全員の乗組員が戻り、予備電源が復旧している。

21人の乗組員のうち1人が軽傷を負ったが、貨物や燃料の損失はないという。

関連ニュース

オマーン湾に米ミサイル駆逐艦が派遣 

タンカー攻撃、業界へ注意喚起 政府、米と連携し背景分析

タグ
石油, 事故, 事件
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント