02:07 2021年10月17日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 11
でフォローする

ALKエアラインズのプリシュティナ(コソボ)発バーゼル(スイス)行きの飛行機が乱気流に巻き込まれ、数人の乗客がホットドリンクを浴びてやけどを負い、病院に搬送された。デイリー・メール紙が報じた。

スプートニク日本

その時の様子を撮影したミルジェタ・バシャさんによると、離陸からおよそ30分後に乱気流に巻き込まれ、5分以上揺れが続いた。

揺れの勢いで、飲み物をカートで運んでいた客室乗務員は機内の天井に頭をぶつけ、乗客はホットドリンクを浴びて火傷を負った。

バーゼルに着陸後、少なくとも10人が病院に搬送された。シートベルトを着用していなかった男性1人も座席から投げ出され、頭にけがをした。

タグ
事件, 飛行機
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント