23:19 2019年11月17日
日本警察

和菓子店の冷蔵庫から女子大生の遺体発見 死亡の父親「娘を切った」

© AFP 2019 / Yoshikazu TSUNO
災害・事故・事件
短縮 URL
101
でフォローする

7日早朝、東京都荒川区東尾久にある和菓子店の冷蔵庫から、 近くに住む大学1年生の木津いぶきさん(18) の遺体が発見された。通報を受けた警視庁の捜査員が発見した。 同庁によると、この店の店主で父親の英喜さん(43) が事情を知っているとして探していたが、 さいたま市岩槻区の河川敷で首をつって死亡しているのが発見され た。

警視庁尾久署によると、6日午後6時半ごろ、木津さんの弟から「 父が自殺しようとしている」と110番通報があった。その後、 父親から自宅に電話があり、「娘を菓子店で切った。死にたい」 と語ったという。通報を受けた署員らが店内を捜査したところ、遺体を発見した。首に圧迫痕が認められ、膝を抱えるような丸まった姿勢で業務用冷蔵庫に入れられていた。目立った切り傷や刺し傷は確認されなかったという。

木津さんは両親と弟の4人暮らし。6日早朝にアルバイトに出かけていた。 父親も朝仕事に出かけていた。警視庁尾久署は、 父親の英喜さんと長女のいぶきさんとの間になんらかのトラブルが あったとして捜査をしている。

タグ
日本, 事件
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント