20:16 2019年09月16日

インドネシア 深刻な地盤沈下と海面上昇 15年間で首都と同規模の面積を失う 

© Sputnik / Fayed El-Geziry
災害・事故・事件
短縮 URL
0 02
でフォローする

インドネシアはこの15年間で地盤沈下と海面の上昇により、2万9千ヘクタール以上の陸地を失った。喪失した面積は、首都ジャカルタと同規模の面積となる。インドネシア紙「ジャカルタ・ポスト」が海洋水産省のデータから報じた。

海洋水産省の報告によれば、問題が深刻なのは、国の人口の半数以上が暮らすジャワ島で、首都ジャカルタでも見受けられる。深刻な沿岸地域の侵食が、島の北端に現れている。この侵食は主に、波や潮、風が原因で生じている。

地元住民らの経済活動にも悪影響が生じている。経済発展の過程で、農園が破棄され、それによって侵食がすすむ条件が生まれた。

専門家によれば、ジャカルタの地盤沈下は、年間10センチから25センチのスピードですすんでいる。このようなテンポで地盤沈下がすすめば、ジャカルタは10年後には完全に水没してしまう。

この問題は、政府が首都を他の島に移転させることを決定した原因のひとつとなった。

関連ニュース

タグ
インドネシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント