07:22 2020年07月12日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

ペルーのウビナス火山の活発化により、ウビナス区のイサーク・トラ区長は声明を発表し、26日から周辺住民の集団避難を開始することを明らかにした。アンディナ通信が報じた。

イサーク・トラ区長の声明によれば、ウビナス火山は大量の火山灰を噴き上げており、噴石の飛来も確認されているため、周辺住人の間で不安が高まっている。

ウビナス火山の活性化当初、周辺住民の中には避難を拒否する住人も見られたが、地元政府は住人の避難を段階的に始めることを決定した。周辺住民の集団避難は26日から始まる。

ペルー政府はウビナス火山の活性化に伴い、火山周辺のモケグア県、アキレパ県、タクナ県のそれぞれに非常事態を発令した。

関連ニュース

タグ
災害, ペルー
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント