22:27 2019年09月19日
太陽光パネル【アーカイブ】

台風15号 千葉県の水上型太陽光パネルから発火【動画】

© AFP 2019 / Quentin Tyberghien
災害・事故・事件
短縮 URL
120
でフォローする

9日、日本では台風15号の影響で、千葉県市原市の山倉ダムに浮かぶ太陽光パネルで火災が発生した。これによる怪我人は出ておらず、現在、火災は鎮火されている。

出火したのは「千葉・山倉水上メガソーラー発電所」のパネルで、国内の水上設置型のパネルとしては最大級。通報を受けた市原市消防局は、台風の強風で折れ重なったパネルがショートし、出火したものとみている。一時、黒煙と赤い炎が空高く上がる映像がテレビ画面に映し出された。

​日本では昨2018年、異常気象による自然災害で太陽光発電施設に破損などの事故が相次いだために、11月に経済産業省が事故対応・構造強度の作業部会を開き、発電設備の設置基準を検討するなどの対応策を示していた。強風で吹き飛ばされたパネルが線路に落下したり、水没したパネルによる感電の危険性は指摘されていたものの、が、今回のような事例は報告されていなかった。

関連ニュース

台風15号 千葉県でゴルフ練習場のポールが倒れる

タグ
災害, 日本, 台風
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント