21:42 2019年12月06日
ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)

「オピオイド危機」 ジョンソン・エンド・ジョンソン、2000万ドル支払いへ

CC0 / Open Grid Scheduler / Grid / Johnson & Johnson
災害・事故・事件
短縮 URL
0 71
でフォローする

米医薬・日用品大手のジョンソン・エンド・ジョンソンは、「オピオイド危機」(米国におけるオピオイド中毒の蔓延)を巡り、裁判外の和解でオハイオ州の2つの郡に1000万ドルずつ支払うことに同意した。

ジョンソン・エンド・ジョンソンやその他の製薬会社は、1990年代から医師の間でオピオイド鎮痛剤を宣伝し、中毒のリスクを軽視したとして訴えられている。

複数の情報によると、オピオイド鎮痛剤の乱用による死者は20万人。

ジョンソン・エンド・ジョンソンは依然として「オピオイド危機」への関与を認めておらず、自社製品が「米国のオピオイド系鎮痛剤に占める割合は1%」だと主張している。

なおジョンソン・エンド・ジョンソンは、和解により、今年10月21日に予定されている連邦裁判所による審理から排除される。この審理は、米製薬業界における「世紀の裁判」となる可能性がある。

ワシントンポストによると、約20の製薬会社、流通業者、薬局が郡、都市、先住民族から2500件の訴訟を起こされている。

関連ニュース

がんを引き起こす製品訴訟、47億ドル支払いをJ&Jに義務付け

タグ
災害・ 謎・発見・スキャンダル, スキャンダル
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント