07:47 2020年09月27日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

カムチャツカのシベルチ火山が、3000メートルの高さまで噴煙を噴き上げた。火山活動の観測グループ「KVERT」が発表した。

発表によると、火山灰でできた煙がシベルチ火山から南東へ78キロにわたって広がっている。

シベルチ火山は、カムチャッカで最も北にある活火山。火山周辺の上空には国際航空各社の飛行ルートは通っておらず、団体旅行も火山周辺では行われていない。

関連ニュース

クリル諸島のエベコ山が高さ2500メートルの噴煙柱

タグ
ロシア, カムチャツカ, 火山
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント