22:01 2019年11月14日

フランス人女性観光客 タヒチ島でサメに襲われ両手失う

CC BY-SA 4.0 / Alexander Vasenin
災害・事故・事件
短縮 URL
0 35
でフォローする

タヒチ島(フランス領ポリネシア)で女性観光客がサメに襲われ、両手を失った。

米週刊誌「ニューズウィーク」によると、21日、フランス人女性観光客(35)がクジラを観察していたときに悲劇は起こった。

女性はヨゴレザメに突然襲われた。サメは正面から女性を襲い、身を守ろうとした女性の腕を噛みちぎった。

女性は大量出血したが、一命を取り留めた。近くに2人の専門看護師がいたため、女性は病院に搬送されるまで応急処置を受けることができた。

最も危険な場所はどこ?

「国際サメ襲撃ファイル(ISAF)」のデータによると、1580年以降、フランス領ポリネシアでサメが人を襲った件数はわずか6件だった。サメ被害の公式記録件数が最も多いのは米国で1441件、次いでオーストラリア(642件)、南アフリカ(255件)、ブラジル(107件)、第5位はニュージーランド(52件)。

サメの被害に遭わないためには?

統計によると、海水浴客の数が増加するにつれて、サメ被害件数が増え続けている。世界中で毎年70~100件のサメ被害が発生し、平均して5~15件で被害者が死亡している。サメ被害のリスクを減らすためにISAFは、一人で泳がないこと、夜間や早朝、夕方の外がまだ暗いうちに泳がないこと、またサメが魚の鱗だと勘違いするような光る装飾品を身に着けないことなどをアドバイスしている。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント