07:06 2019年11月16日
「ボコ・ハラム」

ニジェールでテロ発生 死者12人 ボコ・ハラムの犯行か

© AP Photo /
災害・事故・事件
短縮 URL
0 01
でフォローする

ニジェールの軍事基地でテロ攻撃が発生し、12人の兵士が死亡した。ニジェール国防省の発表をもとにAFP通信が報じた。

ニジェールの南部にあるディファ市(ナイジェリアとの国境付近)に置かれた軍事基地が何者かによって攻撃された。首謀者は特定されていないが、イスラム原理主義の過激派テロ組織「ボコ・ハラム」による攻撃とみられている。

すでに入っている情報によれば、12人の兵士が死亡したほか、同じく兵士の間で8人の負傷が確認されている。

隣国ナイジェリアでは「ボコ・ハラム」が勢力を拡大させており、欧米の価値観に反旗を翻しているほか、国内全土で「シャリーア」(イスラーム法)の導入を主張している。

ナイジェリアの周辺国は「ボコ・ハラム」を敵対視しており、交戦が続いている。ニジェールの軍事基地に加えられた攻撃も、「ボコ・ハラム」による報復行為とみられている。

関連ニュース

タグ
ボコ・ハラム, テロ, アフリカ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント