01:51 2019年12月12日
ニシキヘビ(アーカイブ)

ヘビが140匹いる家 女性がヘビに巻きつかれて死亡

© Fotolia / Oleg Zhukov
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

米中西部インディアナ州オックスフォードで、体長2.4メートルのアミメニシキヘビが首に巻きついた状態で女性が死亡しているのが見つかった。亡くなったのはローラ・ハーストさん(36)。10月30日の夜、通報を受けて救急隊が駆け付けたがハーストさんの意識は戻らなかった。米テレビ局CNNが報じている。

アミメニシキヘビは東南アジア原産のヘビで、世界最長のヘビとされている。アミメニシキヘビが人を丸呑みしたり、絞め殺す事件は世界各地でたびたび発生している。

​警察当局によると、この住宅はヘビの飼育施設として改修されており、140匹のヘビが飼育されている。ハーストさんは週に2回ほど訪れてヘビの面倒をみていた模様。

11月1日、警察はハーストさんの検死を行い詳しい死因を調べるとしている。

関連ニュース

タグ
米国, 怖い, 動物
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント