01:29 2019年12月12日
有毒スモッグ

インド首都で有毒スモッグ 人体に危険レベルを超す【写真】

© REUTERS / Anushree Fadnavis
災害・事故・事件
短縮 URL
0 01
でフォローする

インドの首都ニューデリーでは先週末、大気汚染が危機的レベルに達し、世界保健機関(WHO)の定める人体への安全基準をはるかに下回った。世界のマスコミが報じた。

ニューデリーではすでに数日間にわたって学校が休校となり、インディラ・ガンディー国際空港も多くの便の乗り入れが取りやめとなっている。

  • インド首都
    インド首都
    © REUTERS / Adnan Abidi
  • インド首都
    インド首都
    © REUTERS / Adnan Abidi
  • 有毒スモッグ
    有毒スモッグ
    © REUTERS / Danish Siddiqui
1 / 3
© REUTERS / Adnan Abidi
インド首都

何が原因か

大気汚染の主な原因は、秋に穀物の収穫後の畑で農民らが行う野焼き。ニューデリー近郊及び隣接の数州で行われている野焼きにより、煙が土地の低い地帯へと流れ、充満した。

インドの最高裁判所は北部数州の自治体に対し、野焼きを即刻禁ずるよう要請している。

タグ
インド
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント