21:45 2019年12月13日
サメ

不明の旅行者 サメの胃の中で痕跡発見

© Depositphotos / Thediver123
災害・事故・事件
短縮 URL
0 34
でフォローする

フランス領レユニオン島でスコットランドの旅行者がサメに襲われた。「デイリー・メール」紙が報じた。

タブロイド紙の情報によると、2日、妻と休暇を過ごすためインド洋に海水浴に訪れていた44歳の旅行者が消息を絶った。夫の消息が長いこと分からないことから、妻は捜索・救助活動を依頼した。男性の捜索にはヘリコプターや船舶、ダイバー、捜査犬らが動員されたが、しかし発見には至らなかった。

数日後、観光用ビーチ付近にサメがいることを救助員が発見。このサメは人間に実際に危害を加えることが知られている。サメは捕獲され、解剖の結果、胃の中から結婚指輪をはめた人間の手が発見された。行方が分からなくなっていたスコットランドの男性旅行者の妻は、すぐにこの結婚指輪が自分の夫のものであることを確認した。


フランス領のレユニオン島はマダガスカル共和国から700キロのインド洋に位置する。多くの海岸はたくさんのサメが生息することから遊泳やサーフィンが禁止されている。この3年間でレユニオン島沿岸ではサメによる被害が24件発生しており、そのうち11人が死亡している。

関連記事

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント