10:12 2020年07月14日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 03
でフォローする

ロシア人副操縦士が飛行中に体調不良を訴え、緊急着陸後に死亡した。

24日朝にモスクワのシェレメチボ空港からロシア南部クラスノダール地方アナパに向けて飛び立った旅客機の副操縦士の体調が悪くなり、ロシア南部ロストフ・ナ・ドヌに緊急着陸した。

救急車が機体の近くまで乗り入れたが、副操縦士の命を救うことはできなかった。

現在伝えられている情報によると、死因は心臓発作。飛行前、副操縦士は胸の痛みを訴えていたという。 

他の乗員および乗客は無事。

関連ニュース

タグ
飛行機, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント