04:26 2019年12月06日
ドレスデンの博物館「緑の丸天井」

ドイツ警察 ドレスデンの強盗に関する情報提供に報奨金

© AFP 2019 / DPA / Sebastian Kahnert
災害・事故・事件
短縮 URL
0 10
でフォローする

ドイツの警察は、ドレスデンの博物館「緑の丸天井」で強奪を行った犯人逮捕につながる情報に対し50万ユーロ(約6千万円)報奨金を支払うと発表した。ザクセン州の警察当局が明らかにした。

また、当警察によれば、現在、事件を担当する特別委員会が40人で構成されている。組織犯罪へ対応するドレスデンの検事局に調査の指導体制が移された。

​この強奪事件は25日の早朝に発生。博物館管理者からのリモート警報を受信し、数分後には事件現場に警察官らが駆けつけたにも関わらず、犯人を1人も拘束することができなかった。

監視カメラに映った犯人が2人であることだけが当初から判明していた。しかし、27日にザクセン州の警察は、犯人はおそらく4人存在し、通りに待機していた別の2人が運転する車で犯行現場から逃走し、その車はドレスデンのガレージで燃やされたと発表した。現在、警察には事件に関連すると思われる情報が市民から205件寄せられている 

タグ
事件, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント