10:26 2020年01月29日
災害・事故・事件
短縮 URL
筆者 :
0 03
でフォローする

タイのチョンブリー市で、スマートフォンを充電器に接続したままゲームをしていた男性が感電死した。

2日、キッチサク・ムンキッチさん(28)は、スマートフォンでゲームをするために部屋に閉じこもっていた。ムンキッチさんの母親(57)は、掃除を手伝ってもらおうと思い何度も呼んだが、ムンキッチさんは返事をしなかったという。英タブロイド紙「デイリー・メール」が報じた。

母親は仕事に行く前、ムンキッチさんの部屋に行き、掃除を頼むことにした。母親がムンキッチの部屋のドアを開けると、ムンキッチさんは眠っているように見えた。母親はムンキッチさんを怒鳴り、杖で何度もつついたが、ムンキッチさんは起きなかった。その時、母親はムンキッチさんの手にやけどがあることに気づき、警察に通報した。

警察がムンキッチさんを調べたところ、死亡が確認された。警察はムンキッチさんの死因は感電死と推定したが、遺体は検視を受けることとなった。

以前、ベトナム人中学生が睡眠中にiPhone充電ケーブルに接触したため亡くなった事件が報じられた。

タグ
タイ, 事件
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント