10:21 2020年09月20日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 01
でフォローする

ギリシャ警察は暴動に参加した77名を拘束した。暴動は2008年に当時10代のアレクシス・グリゴロプロスさんが殺害された件に関連した全国イベント・行進中に発生したもの。3名の警察官が負傷した。

警察は「当局は非合法行為を企て“モロトフ・カクテル”などを投げ警察官に危害を加えた集団を直ちに抑えようとした」と発表した。

​2008年12月6日、エグザルヘイヤ地区で若者と警察の揉め事があり、当時15歳のグリゴロプロスさんが射殺された。彼の死は2週間にわたる全国規模の抗議活動、破壊行為、放火を誘発し、アテネでは数百軒の商店が襲撃された。毎年、青年の命日にあたるこの日には暴動が起きている。

​関連記事

米フロリダ州空軍基地の銃撃 発砲はサウジアラビア空軍関係者

タグ
ギリシャ, 欧州
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント