14:58 2020年05月25日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

ニュージーランド北部の火山島で9日に起きた噴火で、これまでに確認された死者は6人に達したほか、現在もなお8人の行方がわかっていない。島では、噴火から2日たった11日も噴煙が上がっており、依然として捜索活動開始の目処は立っていない。NHKが報じた。

ニュージーランドで人気の観光地として知られるホワイト島で9日、噴火が発生し、観光客など47人が巻き込まれた。

この噴火でこれまでに6人が死亡し、今もなお8人の行方がわかっていない。現在、30人が病院で治療を受けており、中には重傷の患者もいる模様。

島では噴火から2日たった11日も噴煙が上がっていることから、警察は安全性が確保できないとして、現場に近づくことはできないという判断を示している。

関連ニュース

タグ
災害, ニュージーランド
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント