10:58 2020年08月11日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 10
でフォローする

南極に向かっていた途中で通信が途絶えたチリ軍機C-130とみられる機体の残骸が発見された。同機には38人の軍関係者が搭乗していた。チリ空軍が発表したコミュニケで明らかになった。

C-130ハーキュリーズ軍機は9日の16時55分(日本時間10日04時55分)に空港を離陸し、同日18時13分(日本時間06時03分)に通信が途絶えた。そして通信が途絶えた地点から30キロの海上でC-130の主翼内部にある燃料タンクの一部とみられる残骸が発見された。機体の残骸はチリに輸送され、専門家による分析を受ける予定。

軍機はチリ南部プンタ・アレーナスを出発し、南極基地で補給活動を行う人員を輸送しているところだった。軍機には乗客21人と乗員17人が乗っていた。

チリ空軍は機体が墜落したとみて、探索を続けていた。現在、チリ空軍はほかの残骸と生存者の探索を継続している。

関連ニュース

Mi28が露クラスノヤルスク地方で墜落 パイロットは全員死亡

タグ
軍事, 事故, チリ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント