03:18 2020年01月20日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

クリル諸島(北方領土と千島列島)に属するパラムシル島(幌筵島)のエベコ山(千島硫黄山)が現地時間の12日9時頃(日本時間で同日7時頃)に噴火し、噴煙は3500メートルまで上昇した。ロシア科学アカデミー付属海洋地質学・地球物理学研究所が発表した。

火山灰は火山から北東へ5キロに拡散した。火山灰はセベロクリリスク市にも到達した模様。エベコ山には航空危険度で2番目に危険なオレンジコードが発令されている。

エベコ山で最大の噴煙高度は2018年8月31日に観測。2017年に形成された新たな火口から、噴煙が6000メートルまで上昇した。

エベコ山はパラムシル島にそびえたつ標高1156メートルの活火山。

関連ニュース

タグ
災害, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント