11:01 2021年05月18日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

23日、カムチャッカ沖で3度の地震が発生した。ロシア科学アカデミー統一地球物理学局カムチャッカ支部が発表した。

発表によると、地震が発生したのは23日にかけての深夜。最も強いマグニチュード5.1の地震は現地時間で1時7分(日本時間で22日22時7分)、クロノツキ-半島で発生した。その次にやや強い地震が1時18分(日本時間で22日22時18分)発生した。マグニチュードは4.5だった。さらにマグニチュード3.9の地震がペトロパブロフスク・カムチャツキーから北東186キロの地点で発生した。

関連ニュース

タグ
地震, ロシア, カムチャツカ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント