06:40 2020年04月04日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 02
でフォローする

米空軍F-15E Strike Eagleが飛行中の給油の際、緊急事態に見舞われた動画がインターネットに投稿された。空中給油機KC-46 Pegasusの給油クレーンの安定装置が分離する際に戦闘機のコックピットに衝突した。

戦闘機がクレーンによって受ける殴打と分離失敗による剥離は、新世代KC-46の空中給油におけるもっとも一般的な問題だという。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от KC-135 Boom Operators (@kc135_boomer)

ハイテク機Pegasusはリモートコントロールによってクレーンで給油を行い、その操作は3Dメガネによりオペレーターが機首のキャビネットで行う。クレーンそのものと「リモートビュー」システムによる両コンポーネントシステムは、米空軍の要望をすべて満たしてはいないと「The Drive」は報じている。また、もう1つの問題として、 空中給油機KC-10とKC-135よりもクレーンと航空機との連結には高度のテクニックが必要となる。

関連記事

タグ
戦闘機, 軍事, アメリカ軍, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント