11:58 2020年10月30日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 01
でフォローする

一連のオーストラリアの森林火災により、その煙が南米沿岸部に達し、チリの中部および南部の空の大半を覆っている。チリ気象サービス「メテオチリ」が伝えている。

報道によると、オーストラリアの燃焼面積は既に数百万ヘクタールに達し、火災はこの数か月で17人の人命を奪い、千軒の家屋を損壊した。コアラ8千匹とその他動物数十万匹が死亡したという情報もある。場所によっては火の勢いが強く、また煙も濃いことから空の消火活動が不可能となった。当局は海軍船舶と航空機を被災地に派遣した。オーストラリア南東沿岸部では火災による大規模避難が行われている。

​チリ気象庁はツイッターで「この画像でオーストラリアの火災の煙を見ることができる。煙の流れはチリとアルゼンチンにも達した」と衛星による煙の画像を添付した。

​煙はチリ南部および中部全域で確認することができる。

オーストラリアの火災は2019年10月から猛威を振るっている。火災は同国南東沿岸部を覆い、鎮火できないでいる。消火活動には軍隊3千人が派遣された。

タグ
災害, オーストラリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント