18:33 2020年03月29日
災害・事故・事件
短縮 URL
オーストラリア森林火災 2019-2020年 (20)
0 41
でフォローする

オーストラリアのマット・キーンエネルギー環境大臣は、森林火災で苦しむ動物への救援作業の写真をツイッターに投稿した。同国では今、森林に生息する動物を救おうとヘリコプターから地上に餌のニンジンが投下されている。

2019年10月に発生したオーストラリアでの森林火災は、今もなお続いている。火災は大規模で全土8州のうちすでに7州が見舞われている。

この火災では4人の消防士を含む25人が死亡し、民間および公共施設およそ1万軒が破壊された。そして悲しいことに何十億頭もの動物の命が失われている。

今、同国の住民、ボランティア、救急隊員は森林に生息する動物、とくに小型動物を助けようと試みている。

​そうした小動物の一種がイワワラビー。キーンエネルギー環境大臣は、自身のツイッターで「イワワラビー」救出作戦を紹介。イワワラビーが生息する南東部ニューサウスウェールズ州全域に国立公園野生動物局の職員が約千キロもの食料(主にサツマイモとニンジン)を投下したと報告し、この作戦過程の写真を投稿した。

ワラビーは、カンガルー科の哺乳類で普通、カンガルーより体が小さい。

関連記事

トピック
オーストラリア森林火災 2019-2020年 (20)
タグ
オーストラリア, 災害, 動物
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント