04:23 2020年04月09日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 41
でフォローする

インドネシアで、危険な魚の「ダツ」に首を刺された少年が一命を取りとめた。ムハンマド・イドゥール君(16)は18日、同国南東スラウェシ州沖で両親と釣りを楽しんでいたところ、突然海面から飛び出したダツに襲われた。英タブロイド紙「デイリー・メール」が報じた。

【閲覧注意】衝撃的な写真を掲載しています。心臓の弱い方は見ないでください。

ダツは全世界の熱帯・温帯域に生息する海洋漁。その細長い体に、尖ったくちばしが特徴だが、一番恐ろしいのはこれが時速60kmのスピードを保ったまま、そのくちばしで相手を突き刺す点だ。

​ムハンマド君の場合、ダツのくちばしは首の横からうなじまで貫通していた。

インドの週刊誌「インディア・トゥデイ」によると、ムハンマド君はすぐに病院に搬送され、ダツを取り除く手術を受けた。手術は成功し、ムハンマド君は順調に回復しているが、感染のリスクがあるため今も入院中だ。

ダツによる死傷事故は、世界中で起きている。1977年、ハワイで父親と夜釣りをしていた少年(10)がダツに目と脳を貫通されて死亡。さらに2018年12月、タイ海軍の士官候補生だったクリアングサク・ペンパニチさん(22)も訓練中にダツに首を刺されて死亡している。

関連記事

タグ
動物, インド
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント