08:40 2020年07月08日
災害・事故・事件
短縮 URL
新型コロナウイルス (590)
0 01
でフォローする

トルコの人気観光地カッパドキアを訪れていた中国人観光客10人、また現地ガイドおよび運転手2人がコロナウイルスの疑いで入院した。トルコ中央部アクサライ県のアリ・マンティ知事が記者会見で報告した。

DHA通信によると、マンティ知事は「観光客のうち1名に症状が現れており、さらにその人物と接触があった観光客9人、また現地ガイドとバス運転手を念のために隔離した」と語った。

これら患者から採取した検体はトルコ保健省に送られた。12名は検査結果が出るまで地元病院の特別感染病棟に入院する。


中国の新型コロナウイルス

当局は12月末、武漢市で原因不明の肺炎が発生したと発表した。最初の患者たちは海鮮市場に出入りしていた。専門家らは、暫定的に新型コロナウイルス2019-nCoVが疾患の原因と判断した。

​1月28日の時点で4400人以上が感染している。死亡者数は107人まで増えた。

中国のほか、韓国、日本、タイでも感染者が確認されている。中国当局は、新型コロナウイルスが人から人へ感染することを確認した。

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
トピック
新型コロナウイルス (590)
タグ
中国, トルコ, 健康, 医学
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント