16:28 2020年03月31日
災害・事故・事件
短縮 URL
オーストラリア森林火災 2019-2020年 (20)
0 30
でフォローする

オーストラリアで、鮮やかなピンク色をした「トリボニオフォラス・アフ・グラエフェイ」というユニークなナメクジの個体群60個が見つかった。同国の野生生物局のボランティアがカプター火山(ニューサウスウェールズ州)の斜面で発見した。英大手ガーディアン紙によると、この地域で起きた6週間にも及ぶ森林火災によってほとんどすべての生き物の命が奪われてしまったのにもかかわらず、この種のナメクジたちはなんとか火事から逃げ出し、個体数を取り戻そうとしているという。

同国のニューサウスウェールズ州のカプター山は、シドニーから500キロのところにある。この山は死火山がある場所で形成され、世界の他の地域では見られない20種類のカタツムリやナメクジの生息地となった。

今回確認された「トリボニオフォラス・アフ・グラエフェイ」も非常に珍しいナメクジで、暗闇で光り、体長20センチにまで成長する。

​オーストラリア博物館の学芸員、フランク・ケラー氏によると、このナメクジは森林火災から逃れたかもしれないが、生き延びるためには多くの努力が必要だっただろうと推察している。

​ケラー氏は、同国ではナメクジとカタツムリは、多くの哺乳類や鳥類の主要な食物源であり「全ての生態系の土台」となるものだと指摘している。

世界自然保護基金オーストラリア(WWFオーストラリア)は、同国の森林火災で12億5千万頭の動物の命が奪われたと報告している。

関連記事

トピック
オーストラリア森林火災 2019-2020年 (20)
タグ
災害, 自然, 火事, オーストラリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント