22:46 2020年04月10日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 02
でフォローする

モスクワ南西部のブヌコボ空港で現地時間の2月18日21時20分頃、不具合を起こしたスホイスーパージェットの機体が緊急着陸した。同機は離陸後、前輪が収納されずに飛行をしていた模様。非常事態省がリアノーボスチ通信に伝えた。

モスクワ南西部のブヌコボ空港でスホイスーパージェットの機体が前輪の故障した状態で着陸した。機体は前輪が収納されず、突き出したままの状態で飛行を続けていた模様。故障の原因は送受信機の不具合とみられる。

機体にはマントゥロフ産業・商業大臣大臣が搭乗していた。側近によれば、大臣に怪我はない模様。

マントゥロフ産業・商業大臣大臣は2月18日までドイツを公式訪問中で、ドイツとロシアの財界人らが組織したイノベーション会議に出席していたほか、ドイツのペーター・アルトマイヤー経済エネルギー大臣と会談していた。

関連ニュース

タグ
事故, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント