02:11 2020年10月01日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 01
でフォローする

第二次世界大戦期の爆弾がパリ北部で発見された。爆弾は無事に撤去された模様。パリ市警察が発表した。

爆弾が発見されたのは首都北部のポルト・ドゥ・ラ・シャペル地区。パリ市警察は公式アカウントのツイッターで爆弾の撤去が無事に終了したことを明らかにした。

​この撤去作業に伴い、現地では交通規制が行われていたが、規制は間もなく解除される模様。

関連ニュース

タグ
事故, パリ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント