17:16 2020年03月31日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

米国のロサンゼルスでラッパーのポップ・スモーク(本名バシャー・ジャクソン)が射殺された。情報筋を引用しサイト「TMZ」が報じた。

20歳のラッパーは、19日の深夜にハリウッド・ヒルズの彼の自宅に侵入した2人組みに撃たれ、死亡した。

​ポップ・スモークは『Welcome to the Party』のヒットで有名となり、同曲のミュージックビデオには米国女性ラッパーのニッキー・ミナージュが出演していた。

ポップ・スモークは、2月はじめに2枚目となるフル・レングス・アルバム『Meet the Woo 2』をリリースし、ビルボードチャートで7位となっていた。

関連記事

タグ
音楽, 事件, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント