14:10 2020年04月07日
災害・事故・事件
短縮 URL
0 06
でフォローする

ドイツのヘッセン州ハーナウで発生した銃撃事件で、容疑者は犯行を認める声明で極右的な見解を表明していた。タブロイド紙ビルトが報じた。

ビルトによると、容疑者の名前は「トビアス・R」と特定され、犯行声明の中で「複雑な見解、その多くは極右的性格を有している」と表明している。

19日夜、ドイツのハーナウで何者かが水たばこを扱っているバー2軒とブックメーカーで発砲し、死者が出た。最新情報によると、9人が死亡、4人が負傷した。警察は、単独による犯行とみなしている。その後、容疑者は自宅で死亡しているのが発見された。また近くで別の遺体も見つかった。

独紙ターゲスシュピーゲルがヘッセン州のペーター・ボイト州内相を引用して報じたところによると、容疑者の遺体近くで見つかった別の遺体は、容疑者の母親のものとみられている。

報道によると、「トビアス・R」は、動画と犯行声明を残していた。

現在伝えられている情報によると、銃撃事件で死亡した5人はトルコ系。トルコのアナドル通信社が報じた。

トルコのチャヴシュオール外相は、銃撃事件についてコメントし、欧州では外国人嫌悪が高まっているとし、「欧州では外国人嫌悪とイスラム恐怖症が危険な規模に達した。だが誰も措置を講じていない。明日、欧州でこれを止めなければ、衝突が始まるだろう。欧州は力を失いつつある。我々は以前、共通の価値観を持っていたが、現在、EUは分裂しつつある」と述べた。

タグ
事件
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント