00:26 2020年05月26日
災害・事故・事件
短縮 URL
105
でフォローする

ロシア連邦イルクーツク州アンガルスク市の第15刑務所では9日、受刑者らが暴動を起こし、所内にある3つの工場に火を放った。暴動はすでにロシア連邦刑執行庁が鎮圧した。イルクーツク州非常事態省がリアノーボスチ通信の取材で明らかにした。

アンガルスク市の刑務所では9日の夕方に暴動が発生した。受刑者の1人が刑務官の命令に従わず、活字にできない言葉でののしったことが発端となった模様。受刑者と刑務官の間でトラブルとなり、刑務官と受刑者の双方に多数の負傷者が出ている。

​所内では暴動がエスカレートし、10日の夕方には所内で火災が発生、3つの工場が火に飲まれた。受刑者らが消火活動を阻止したことにより、火災面積は3万平方メートルにまで拡大した模様。

​関連ニュース

タグ
事件, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント